ストレスを抱え込んでうつ症状になる前に診察を受けましょう

女性

再発予防

ハートと鍵

うつの症状を診断されてから再発防止をするまで年単位で治療を行う必要があると言われています。治療後も十分に気を付ける必要があることからうつ病は厄介な病気と言えるでしょう。病院でうつ病の治療を始めて一般的に1~3カ月で症状が軽くなりますが、人によって抱えているストレスの大きさが異なります。ですから、人によっては半年以上、一年以上かかることがあります。病院の治療は抗うつ剤を少量摂取することから始まります。身体が薬に馴染んできたら少しずつ薬の増量を行います。抗うつ剤は効果が現れるまで時間がかかる薬なのですぐに効果を求めないようにしましょう。焦らずゆっくりと治療を行うことが最善の道のりになります。下手に強引に治療を行うとかえって大きなストレスになりかねません。ですから、急性期は主治医の指示に従って安静にして過ごしましょう。回復期は調子のいい日と悪い日が繰り返されるものなので調子がいい日でも治ったと思わない方がいいでしょう。治っていると判断して薬の治療を辞めてしまうことがあれば、回復までにもっと時間を費やすことになります。うつ病になる人の中には休職しているから焦る人もいることでしょう。しかし、ちゃんと職場に復帰するためには病院でしっかりとうつの症状を治療する必要があります。

うつ症状は自身で治すには困難な病気です。長期間での治療を行う必要がありますし、再発する危険性があります。再発を予防するためにも病院で検査、治療を行うことをおすすめします。治療する期間にはうつ病を診察してから抗うつ剤を処方して少しずつ治療を行う急性期があります。急性期ではストレスを与えないようにしっかりと休養することが大切です。その次に回復期がきます。回復期は毎日がいい日と悪い日を繰り返しするので治ったと思わず治療を進めていくことが大切です。うつになった当初のことを思い出して主治医の指示にしがって再発を防止しましょう。回復期が過ぎていよいよ再発予防期になります。回復期が過ぎてもうつの症状は再発する危険性があることを理解しておきましょう。いざ現場に復帰して働いたとしてまたうつになったら大変ですから、定期的にカウンセリングを病院で行うことが大切です。